2020/02/11

「【おすすめ 洋画】あの頃ペニー・レインと」は 、イケメンイチオシ!!傑作選コンサート洋画ロマンティックヒューマンドラマラブストーリーアカデミー賞ソニー・ピクチャーズ前向きになれる心温まる母と息子音楽も主役青春アメリカセクシー2000年代の映画動画が好きな方にお勧めの作品です。
ロック・ジャーナリズムに挑む少年ライターの姿を描いた作品
監督・製作・脚本は「ザ・エージェント」のキャメロン・クロウ
撮影は「シン・レッド・ライン」のジョン・トール
音楽はクロウの妻でもあるナンシー・ウィルソン
音楽監修は「プラクティカル・マジック」のダニー・ブラムソン
美術は「スチュワート・リトル」のクレイ・A・グリフィス
出演は「ハイロー・カントリー」のビリー・クラダップ、「ワンダー・ボーイズ」のフランシス・マクドーマンド、「200本のたばこ」のケイト・ハドソン、これがデビューとなるパトリック・フュジット、「ドグマ」のジェイソン・リー、「X-メン」のアンナ・パキン、「アメリカン・ヒストリーX」のファイルザ・バーク、「フローレス」のフィリップ・シーモア・ホフマンほか
1973年、15歳の少年ウィリアム(パトリック・フュジット)はロック音楽の魅力に取り憑かれ、学校新聞などにロック記事を書いていた
やがてクリーム誌の編集長レスター・バングス(フィリップ・シーモア・ホフマン)に認められ、さらにローリングストーン誌からも声がかかり、ウィリアムが愛する新進バンド、スティルウォーターのツアーに同行取材をすることになる
そしてこのバンドを追う少女たちの中にいた、スティルウォーターのギタリスト、ラッセル(ビリー・クラダップ)と付き合うペニー・レイン(ケイト・ハドソン)に恋をする

関連する映画動画
人気動画ランキング
タグ一覧