2018/06/07

「【ヒューマン 映画】GO」は 、ヒューマンドラマ水川あさみ賛否両論柴咲コウ義理人情本質・秘密に迫る若者の成長自分探し窪塚洋介日本学生厳しい現実邦画宮藤官九郎小説が原作気分スッキリ2000年代青春の映画動画が好きな方にお勧めの作品です。
在日韓国人三世の高校生が、恋に友情に悩みながらもアイデンティティに目覚めていく姿を活写した青春ドラマ
監督は「贅沢な骨」の行定勲
金城一紀による第123回直木賞受賞の同名小説を基に、『ロケット・ボーイ』の宮藤官九郎が脚色
撮影を「走れ!イチロー」の柳島克己が担当している
主演は「溺れる魚」の窪塚洋介
第75回キネマ旬報日本映画ベスト・テン第1位、監督賞、脚本賞、主演男優賞(窪塚洋介)、助演男優賞(山崎努)、助演女優賞(柴咲コウ)、新人男優賞(窪塚洋介)受賞、第56回毎日映画コンクール日本映画優秀賞、脚本賞、スポニチグランプリ新人賞(窪塚洋介、柴咲コウ)受賞、第44回ブルーリボン賞監督賞、助演男優賞(山崎努)、新人賞(柴咲コウ)受賞、第26回報知映画賞作品賞、主演男優賞(窪塚洋介)、助演男優賞(山崎努)、助演女優賞(柴咲コウ)受賞、第14回日刊スポーツ映画大賞監督賞、助演男優賞(山崎努)、新人賞(柴咲コウ)、石原裕次郎賞(窪塚洋介)受賞、日本映画ペンクラブ会員選出日本映画ベスト1、第25回日本アカデミー賞最優秀監督賞、主演男優賞(窪塚洋介)、助演男優賞(山崎努)、助演女優賞(柴咲コウ)、脚本賞、撮影賞、照明賞、編集賞、新人賞(窪塚洋介、柴咲コウ)受賞(ほかに優秀助演女優賞(大竹しのぶ)、録音賞、美術賞、音楽賞)、映画芸術2001年度日本映画ベストテン第1位、第16回高崎映画祭若手監督グランプリ、主演男優賞(窪塚洋介)、新人女優賞(柴咲コウ)受賞、第44回朝日ベストテン映画祭日本映画第1位、第53回読売文学賞戯曲・シナリオ賞受賞、第11回日本映画批評家大賞監督賞、主演男優賞(窪塚洋介)、助演男優賞(山本太郎)、新人賞(柴咲コウ)受賞、第23回ヨコハマ映画祭作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞(窪塚洋介)、助演男優賞(山崎努)、助演女優賞(柴咲コウ)、最優秀新人賞(細山田隆人)受賞作品
日本の普通高校に通う在日韓国人三世の杉原は、父親・秀吉に叩き込まれたボクシングで喧嘩や悪さに明け暮れる中、民族中学校開校以来の秀才と言われた正一をリスペクトしていた
ある日桜井という少女と恋に落ち、ぎこちないデートを重ねて気持ちを近づけていくが、自分が在日韓国人であることは告白しかねていた
そんな中、正一が駅のホームで少年に刺されて死んだ
親友を失ったショックに愕然となった杉原は、その夜桜井と一夜を共にし、自分が在日韓国人であることを彼女に告白する
しかしそれを聞いた途端、桜井の態度が急変した

関連する映画動画
人気動画ランキング
タグ一覧