こちらの動画はdTVで見る事ができます。
(期間限定配信のものもあるので、以下サイトにアクセスしてと検索してみて下さい。)
2018/04/12

「【ヒューマン 映画】桐島、部活やめるってよ」は 、青春ヒューマンドラマ小説が原作橋本愛HD画質で楽しもう淡々と描かれる日本邦画神木隆之介2010年代幻視的の映画動画が好きな方にお勧めの作品です。
いつもと変わらぬ金曜日の放課後
バレー部のキャプテンで成績優秀、誰もが一目置いていた男子生徒の桐島が突然、部活を辞めたというニュースが高校内を駆け巡る
桐島の恋人・飯田梨紗(山本美月)でさえ連絡が取れないまま、桐島と密接に関わっていた生徒たちはもちろん、ありとあらゆる生徒に波紋が広がってゆく
人間関係が静かに変化し、徐々に緊張感が高まる中、桐島からは一番縁遠く、地味な存在だった映画部員の前田(神木隆之介)にも、この事態は影響を及ぼしてゆく……
原作は早稲田大学在学中に第22回小説すばる新人賞を受賞した、朝井リョウのデビュー小説「桐島、部活やめるってよ」(集英社文庫刊)
「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」で数々の映画賞を受賞し、人間のダークな部分を暴きだしながらも、愛しいまでにユーモアあるキャラクターを描く吉田大八監督が、初めて10代の物語を描いた
キャストは、神木隆之介、橋本愛、大後寿々花ほか、100倍を越えるオーディション倍率を勝ち抜いたフレッシュな俳優陣が集結し、輝きと刺激を放つジクソーパズルが完成した
マスコミの前評判も極めて高かった本作だが、それ以上に映画を見た観客の口コミがツイッターを中心としたSNSで火がつき、週を追うごとにネット上での話題が増幅
異例の口コミロングランを記録した
また国内映画賞も2012年最多獲得を驀進
映画評論家だけでなく、ネット上でも“桐島”の解釈で論争が起きるほど、「語りたくなる映画」桐島は、2012年に現われた「青春映画の金字塔」であり、2012年を象徴する最大注目“映画”となった

Twitterの反応抜粋
こちらの動画はdTVで見る事ができます。
(期間限定配信のものもあるので、以下サイトにアクセスしてと検索してみて下さい。)
関連する映画動画
人気動画ランキング
タグ一覧