2018/02/20

「【おすすめ 洋画】ミモザの島に消えた母」は 、気分スッキリ洋画フランス小説が原作会社員サスペンス・ホラー淡々と描かれる推理ものヒューマンドラマミステリー2010年代HD画質で楽しもうの映画動画が好きな方にお勧めの作品です。
「サラの鍵」の原作者として知られるタチアナ・ド・ロネのベストセラー小説を映画化
幼い頃に母を亡くしたアントワンは今でも喪失感を抱えているが、家族は何かを隠している様子
母が死んだ西仏の島を調べるうちに、彼は思わぬ真実にたどり着く
監督はフランス映画祭2004で上映された「彼女の人生の役割」のフランソワ・ファヴラ
過去と現在を行き来させながら、複雑な思いが絡む家族を描く
母の死の真相を追う男性を「アンタッチャブルズ」のロラン・ラフィットが、彼の妹を「イングロリアス・バスターズ」のメラニー・ロランが演じる
西フランスの大西洋に浮かぶノワールムティエ島は、冬に咲くミモザの花から『ミモザの島』と呼ばれている
30年前、この島の海である若い女性が謎の死を遂げた
その女性の息子であるアントワンは、40歳になってもなお喪失感を抱き続けていた
母の死の真相を追い始めるが、父と祖母は口を閉ざしてしまう
家族が何か隠していると察したアントワンは、恋人のアンジェルや妹アガッタの協力を得て、ミモザの島に向かった
そこで彼は、母の別の顔や衝撃の事実を次々に知っていく……

関連する映画動画
人気動画ランキング
タグ一覧